外見からは分かりにくい障がいのある子どもとの、外出時の不安を軽減

株式会社Fair Heart(東京都品川区、代表取締役社長 穐里明美)が運営するパラリンビクス協会は、2021年5月20日よりREADYFORにてクラウドファンディングを開始、スタートから51時間で目標金額である100万円を達成しました。「この子には障がいがありますマーク」を必要とされているさらに多くの親子に届けるため、ネクストゴール500万円に挑戦します。

https://readyfor.jp/projects/paralymbics

「この子には障がいがありますマーク」について
発達障がい、内部(内臓)疾患、義肢や人工関節、目や耳・言語の障がい等、外見からは分かりにくい障がいをお持ちのお子さんとの外出時、「障がいがあります」ということを周囲の人々に認知してもらうことで、必要な時に支援を求めやすくなることを期待すると同時に、支援の手を差し伸べやすくなる環境づくりを目指す。

プロジェクト名:「この子には障がいがありますマーク」を広め、思いやりの架け橋に!

クラウドファンディング実施期間:〜2021年6月28日(月)
支援金:3,000~500,000円
リターン:お礼のメール、限定Facebookグループ招待、イベント招待等
資金使途:制作・配布

株式会社Fair Heart

代表者:穐里明美
所在地:東京都品川区東品川4丁目10番18-411号
URL:https://paralymbics.jp/

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。