東京海上日動火災保険株式会社とぜんち共済株式会社は、障害のある方がより働きやすい社会の実現を目指し、従来個人賠償責任補償では対象外となっていた「職業従事中に他人にケガをさせたとき、他人の物を壊したとき」も補償する「ぜんちの働く人のあんしんパスポート保険」を開発しました。

「ぜんちの働く人のあんしんパスポート保険」の発売背景

一般的に、個人賠償責任補償では日常生活における事故が補償の対象になっています。そして、職業従事中(※4)の事故は補償の対象外というのがほとんどです。一方で、職業従事中に会社の備品を壊してしまう等の事故が一定程度発生していることから、障害のある方と雇用する事業者の双方において、補償拡大のニーズが高まっていました。

上記のニーズを踏まえ、東京海上日動とぜんち共済は、新たに「ぜんちの働く人のあんしんパスポート保険」を開発し本保険の「個人賠償責任補償」において、日常生活だけでなく職業従事中まで補償することとしました。

「ぜんちの働く人のあんしんパスポート保険」の販売方針・特徴

1: 知的障害、発達障害、ダウン症、てんかんのある方向けに2023年1月1日始期契約より販売

2:本保険の個人賠償責任補償において、日常生活における第三者への賠償の補償に加えて、職業従事中の事故対応費用を補償。具体的には、「他人にケガなどの身体の傷害を負わせてしまったとき」や、「他人の財物を壊してしまったとき」に、他人へ支払う費用を支払い(事業者等の管理責任や、個人の賠償責任の有無に関係なく支払う)。支払限度額は1事故につき10万円となり、自己負担額は3,000円。

3:その他にも、被害事故が生じた時の弁護士への相談費用や、病気やケガによる入院等の補償などを含む総合保険。

本件に関するお問い合わせ先

■ぜんち共済株式会社

広報チーム担当: 安齋 正明

TEL : 03-6910-0850 MAIL: info-z@z-kyosai.com

オンラインセミナー「親が感じる不安や課題、そして制度の活用まで!」も公開中

2022年12月10日にオンラインで開催したセミナー「親が感じる不安や課題、そして制度の活用まで!」のダイジェスト動画を公開しましています。(講師:厚生労働省 職業安定局障害者雇用対策課の小野寺徳子課長、株式会社ダンウェイの高橋陽子代表)

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。