兵庫県姫路市にある特定非営利活動法人ライフゴーズオン(所在地:兵庫県姫路市、代表理事:橋本 亮)が、重度の障害児が心から安心して通える施設「放課後等デイサービス ブランコ」を2022年9月1日(木)にオープンします。また、オープンに向け2022年8月31日(水)23:00まで、「READYFOR」にてクラウドファンディングを実施。第一目標の100万円を突破し、現在はNEXT GOALの200万円を目指いsています。

放課後等デイサービス ブランコの特徴

アロマを用いた活動

アロマで用いられる精油を足浴や芳香浴等いろんな活動に取り入れることで、癒しの効果だけでなく、職員との触れ合いなど、リラックスして過ごせることが可能です。

重症児・医療的ケア児の受入れ

対象は障害児の中でも、重度の障害のある子どもたちとなります。また、医療的ケア児(医学の進歩を背景として、NICUに長期入院した後、引き続き人工呼吸器や胃瘻等を使用し、痰の吸引や経管栄養などの医療的ケアが日常的に必要な児童のこと)の受入れも行う予定となっています。常勤の看護師や、嘱託医も配置。

多様な活動・自己選択の機会の提供

子供達が楽しみながら参加できる音楽や遊びの中での日常生活訓練や、一人一人の発達過程に応じた創作活動ができるよう余裕をもった人員配置。

経験のある職員

職員全員がこれまでに障害児者・高齢者の介護で経験を積んできた職員での施設立ち上げ。

クラファンでNEXT GOAL200万円にチャレンジ中!

readyforで7月11日よりスタートした本クラウドファンディングでは29日目で第一目標である100万円をすでに突破し、現在は200万円を目標にチャレンジ中です。リターンは3,000円~8種類が用意されています。

https://readyfor.jp/projects/lifegoeson_2022

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。