障害福祉事業者の質の向上、障害福祉従事者の資質と処遇の向上、障害福祉領域の調査研究と政策提言を目指す

株式会社アニスピホールディングス(東京都千代田区、代表取締役:藤田英明、以下「当社」)は、障害福祉事業者の質の向上、障害福祉従事者の資質と処遇の向上、障害福祉領域の調査研究と政策提言を目指し、「一般社団法人全国障害福祉事業者連盟」を6月1日に設立しました。

以下、プレスリリースより

設立の趣旨

日本は障害者数の増加を迎え、障害全体では約990万人、人口の8.3%の12人に1人が何らかの障害を抱える国となりました。更に高齢化率も増加の一途を辿り、2035年には高齢化率は33%を超えると予想され、生産年齢(労働)人口は今後も減少し、人口構造は世界で前例のない形へ移行します。

  このような時代背景を鑑み、日本国民の多くが将来に対する漠然とした不安を抱えている状況にあります。この国家の難題を解決し、更に乗り越えるためには、持続可能な社会保障制度の確立が不可欠であります。特に社会保障制度の一翼を担う障害者総合支援法制度の持続可能性の実現には、障害福祉現場の視点から、障害福祉サービスを利用者及びその家族の視点から、実証データやエビデンス、現行の障害福祉サービスでは不十分なサービスを受けている方々の声を基にした具体的提案が求められます。

 障害・介護・医療分野共通では地域包括ケアシステム「住み慣れた地域で暮らし続けるため」や、精神医療福祉分野では「入院医療中心から地域生活中心へ」と、障害・介護・医療の発想を超えたパラダイムシフトが障害福祉分野だけではなく、福祉・医療業界全体に求められています。日本国民、誰もが安心した日常生活を過ごせる社会を実現するために、業界の垣根を越えて一団となる時を迎えています。

  一般社団法人全国障害福祉事業者連盟(以下、「全障連」)は、「障害福祉サービスの多様化」と「生産性の向上」の実現が、持続可能な制度確立が2大テーマであるとの考え方の下に、法人・サービス種別の垣根を超えた障害福祉事業者による団体として設立いたします。

七大政策方針

1.本人・家族の声を最大限反映した障害福祉施策の推進【民意の具現化】
2.障害福祉サービスの科学的根拠に基づく高度な技術の平準化【サービスの質の向上】
3.医療的ニーズ及び重度化ニーズに適合した障害福祉サービスの拡充【サービスの多様化】
4.障害福祉サービス従事者の業務効率化及び負担低減施策の推進並びに処遇の改善【従事者待遇の改善】
5.障害サービス事業従事者に対する多種多様な研修機会の提供とセミナーの開催【資質の向上】
6.障害サービスの取り組みに関する情報発信・情報共有【啓蒙活動】
7.時代ニーズを捉えた障害福祉分野に留まらない政界への障害政策の推進【具体的な政策提言】

活動内容

・全国障害福祉事業者連盟会議開催
・障害事業者資質向上のための研修会・勉強会開催
・障害事業従事者向け研修会・勉強会開催
・障害福祉の資質向上・理解を目的とした政策提言及び要望活動
・事業者・従事者の情報収集、調査、指導
・機関紙の発行
・その他目的を達成するために必要な活動

設立記念式典のご案内

全障連の設立に伴い、下記の通り、設立記念式典を執り行いますのでご案内いたします。
今回の設立記念式典には、下記の方々にご参加いただく予定です。(順不同)
    猪瀬直樹氏(作家/元東京都知事)
    鷲尾英一郎氏(自由民主党衆議院議員/外務副大臣)
    今枝宗一郎(自由民主党衆議院議員/財務大臣政務官)
    おくざわ高広氏(東京都議会議員)
    山下護氏(厚生労働省課長)
    柏瀬真大氏(車椅子ユーチューバー)
    小濱道博氏(C-MAS代表)
    山中礼二氏(KIBOU FUND)
    高野龍昭氏(東洋大学准教授)
    片山さつき氏(自由民主党参議院議員/前内閣府特命担当大臣)
    柴山昌彦氏(自由民主党衆議院議員/幹事長代理)

■開催日:令和3年7月15日(木)
■時 間:10:00〜12:00
■開催場所:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-7-10 帝都三崎町ビル2F
■参加費:無料(オンライン・オフライン共に)

■当日スケジュール:
09:30:開場 (ZOOM受付開始)
10:00:代表理事 藤田英明より開会の挨拶
10:15:ご来賓よりご挨拶(ビデオレター含む)
11:15:猪瀬直樹氏と柏瀬真大氏と藤田によるトークセッション
12:00:理事 福寿満希より閉会の挨拶

■参加申し込み
https://forms.gle/kSUYuyoNAR8K3H4F7

■設立総会当日のZOOM URL *必ず上記の参加申し込み下さい
https://anispi-co-jp.zoom.us/s/99587174853

【全障連ご入会について】*一般会員は費用無料
全障連へのご入会については下記フォームよりお申し込みください。
できるだけ多くの事業者様にご入会いただくことによって、全障連のプレゼンスが発揮されますので、皆様是非ともご入会ください。
【一般会員】https://76auto.biz/zensyoren/registp/ippan.htm
【賛助会員】https://76auto.biz/zensyoren/registp/sanjo.htm

〈一般社団法人障害福祉事業者連盟(全障連) 概要〉

所在地:東京都千代田区九段南3-3-1 久保寺ビルディング3階
目的:障害福祉事業者の質の向上、障害福祉従事者の資質と処遇の向上、障害福祉領域の調査研究と政策提言
代表理事:藤田 英明
理事:
岩井 大輔(はるかホールディングス)
舟木 威徳(医療法人ビジョナリー)
白井 孝明(株式会社ヒーローズ)
岩久 茂治(株式会社わんことおうち)
森重 貴之(株式会社アニスピホールディングス)
高橋 秀(株式会社アニスピホールディングス)
太田 光也(株式会社アニスピホールディングス)
岡田 勝(株式会社イノセント)
小宮 夏(株式会社アニスピホールディングス)
福寿 満希(一般社団法人ローランズプラス)
茂呂 史生(株式会社ひいらぎ)
福井 誠(株式会社エムズ)
中尾 水帆子(株式会社れいわホワイトナイトホールディングス)
中村 有更(合同会社NPライフケア)
森 廣樹(BIGHUGおきなわ株式会社)
由井俊郎(株式会社インターステーツトレーディング)

株式会社アニスピホールディングスについて

株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決にホールディングス一丸となって取り組んでいます。
2018年8月よりスタートした日本初(※)のペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫の引き取りを推奨し、動物との共生環境を整えています。※自社調べ

●会社名:株式会社アニスピホールディングス
●所在地:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル3階
●代表取締役:藤田 英明
●事業内容:
[本社事業]
・ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」事業
・運動療法メインの障がい者生活介護「ワーカウト」事業
・100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業
・ペットホテル&愛犬のための介護・看護施設「Doggy’s Home」事業
・障がい事業者向け通販「ふくすけ」事業
・障害福祉事業者専用 厚生労働省発表Q&A サイト運営事業
・サービス管理責任者職能団体として質の向上を支援する「一般社団法人サービス管理責任者協会」事務局

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。