街全体が障がい者アートの美術館になる、世界初の試みとなる芸術祭

11月1日(月)~23日(月・祝)の9日間、東京都江東区、富岡八幡宮・深川不動尊のある門前仲町、カフェとアートで知られる清澄白河、深川発祥の地・森下といった街全体を会場として、街全体が障がいのある人のアートの美術館になるという、世界初の芸術祭「【アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」が開催されます。
スペシャルアドバイザーには世界的デザイナーであるコシノジュンコさんが就任。11月15日(日)11時からはコシノジュンコさんも出席してオープニングセレモニーが富岡八幡宮で開催されます。

開催期間中は、「街なかアート」300点が神社仏閣の参道や街じゅうにあふれ、アートを見ながらの街歩きの途中に立ち寄れるカフェではワークショップも開催予定となっています。

期間中は、障がいのあるアーティストの作品の全国コンペ「アートパラ深川大賞」も開催。作家の林真理子さん、俳優の別所哲也さん、日本を代表するグラフィックデザイナーの谷口広樹さんらが審査員として参加。応募期間は6月20日(土)~7月31日(金)

入賞作品は深川不動尊や清澄白河のThe Fleming Houseに開催期間中に展示予定。審査員も出席しての表彰式は11月22日(日)に中村学園新館LADY(江東区清澄)で開催されます。応募要項は公式ウェブサイトから。https://www.artpara-fukagawa.tokyo/

◆開催概要

日時:2020年11 月 15 日(日)から11 月23 日(月・祝)まで
場所:江東区・門前仲町、清澄白河、森下
後援:文化庁、厚生労働省、観光庁、江東区(いずれも予定)
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京