今、岐路に立つ「障害者雇用」の在り方を提言する

オンデマンド出版サービス「グーテンブック(good.book)」を運営する株式会社masterpeace(東京都港区 代表取締役 窪田篤)は、2021年9月3日に『障害者雇用は経営課題だった! 経営視点×フレームワークで考える、これからの障害者採用とマネジメント』(著:パーソルチャレンジ Knowledge Development Project)を発行しました。

同書は、障害者専門の人材サービス会社であるパーソルチャレンジ株式会社が『障害者雇用は経営課題だった!』シリーズの第4冊目。

障害者雇用を成功させるべく、自社が培った知見やノウハウを体系化して提供している同社が、障害者雇用戦略の具現化に不可欠な「障害者人材の採用とマネジメント」をテーマに、企業経営者向けに解説。障害者雇用に取り組む全ての企業にとって必携の書となっています。

『障害者雇用は経営課題だった! 経営視点×フレームワークで考える、これからの障害者採用とマネジメント』

書籍紹介 https://www.g10book.jp/posts/20556896

著者:パーソルチャレンジ Knowledge Development Project
価格:電子書籍版 1,100円(税込)/印刷書籍版 1,100円(税込)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文114ページ
ISBN:978-4-909288-73-8
発行:masterpeace

<<目次>>

第一章 障害者雇用を「経営視点」から考えるとは、どういうことか
第二章 目的によって大きく変わる、障害者の採用とマネジメント施策
第三章 経営視点から考える、障害者の採用とは
第四章 経営視点から考える、障害者のマネジメントとは
付録  フレームワークから「課題」を見つけ「改善」につなげる方法

<<著者紹介>>

パーソルチャレンジ Knowledge Development Project
障害者雇用に取り組む全ての企業に有益な情報を「知識」として提供するため、障害者専門の人材サービス会社であるパーソルチャレンジ株式会社内に発足。
企業や官公庁・自治体・独立行政法人などの顧客、パーソルグループの雇用設計に携わった知見を体系化し、広く一般化することを目的としています。
(パーソルチャレンジ株式会社 https://challenge.persol-group.co.jp/ )

<<販売ストア>>

■電子書籍
Amazon(Kindle)、楽天ブックス(Kobo)、Apple Books、紀伊國屋書店Webストア(Kinoppy)、Google Play、ebookjapan、ブックライブ
■印刷書籍
Amazon、楽天ブックス、三省堂書店オンデマンド
※各ストアでの準備が整い次第、販売開始いたします。

【問い合わせ先】

株式会社masterpeace
〒107-0062 東京都港区南青山4-15-5
TEL 03-5770-5869
電子メール: contact@masterpeace.co.jp
担当:千田

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。