未来づくりの実験場 “超ポジティブ”な仮想都市ペガサスシティにみんな集まれ!実在パラアスリート9選手もゲームに登場

JP GAMES株式会社(本社:東京都千代田区、代表:田畑端)が制作を担当する、国際パラリンピック委員会(IPC)初のオフィシャルスマートフォン向けゲーム『The Pegasus Dream Tour(ザ ペガサス ドリーム ツアー)』の全世界ローンチ日が6月24日(木)に決定しました。また、5月17日(月)より、Google Playなどにて事前登録の受付を開始しました。

https://pegasus-dream.com/

パラリンピックを新しい形で楽しめるスマートフォンゲームが登場します。舞台となるのは、これからの理想の未来の実験場となるオンライン仮想都市“ペガサスシティ”。日本を代表するキャラクター「ドラえもん」が市長代理を務めるこの都市で、心を持ったアバター“Mine”が、ペガサスシティ上でパラアスリートとして高みを目指していく“アバターRPG”です。

アバターRPG「The Pegasus Dream Tour」とは?

仮想都市ペガサスシティを舞台に、心を持ったアバターMineがパラアスリートとして高みを目指していくアバターRPGです。ペガサスシティはIPCが掲げるDiversity & Inclusionの理念をもとに作られた理想の未来の実験場であり、この都市では各自の個性が最大限尊重され、ユーザーは義手・義足・車椅子などを選択することができます。スマートフォンで撮影したユーザー自身の画像から、一歩進んだアバター”Mine”を生成し、Mineはシティの中を自由に動き回ったり、競技に参加したりしながら、起きていることをユーザーにフィードバックしていくという、アバターとの新しい関係を生み出します。
ゲーム上では、ボッチャ、陸上競技、5人制サッカー、車いすバスケットボールといったパラスポーツが楽しめ、オンラインパラスポーツ大会に参加できるほか、アバター化したパラアスリートとも交流できるなど、ただ観戦するだけでなく、自らも出場する参加型のパラリンピックを実現します。会場に行けない人も、ペガサスシティに集まり、フレンドたちと一緒に楽しめるという、新しい時代のパラリンピックの楽しみ方を提案します。また、ゲームで得られた利益の一部はIPCが創設したアギトス財団に寄付されます。

世界で活躍するパラアスリートに会いに行こう!実在アスリート9名がゲーム内に登場

The Pegasus Dream Tourのファーストスポンサーであるブリヂストンが契約するパラアスリート5名を含む、世界で活躍する下記パラアスリート9名がゲームの内に登場。The Pegasus Dream Tourのアートを担当するGODTAILによって描かれたキャラクターアートでゲーム内に登場し、交流してフレンドになったり、対戦したり、バーチャル世界ならではの交流が可能です。
各選手からのメッセージはウェブサイトにて公開しています。 https://pegasus-dream.com/
ブリヂストンサイト:https://www.bridgestone.co.jp/chaseyourdream/activity/pegasusdreamtour/

廣瀬隆喜選手(ボッチャ・日本)
パトリック・アンダーソン選手(車いすバスケ・カナダ)
ホリー・ロビンソン選手(陸上・ニュージーランド)
シルビオ・ヴェロ選手(5人制サッカー・アルゼンチン)
<チームブリヂストン>
田中愛美選手(車いすテニス・日本)
小林幸平選手(バドミントン・日本)
小倉理恵選手(バドミントン・日本)
スカウト・バセット選手(陸上・アメリカ)
チャイワット・ラタナ選手(陸上・タイ)

ゲーム概要

ゲームタイトル:The Pegasus Dream Tour
ジャンル:アバターRPG (英語:Massive Avatar RPG)
配信予定日:2021年6月24日(木)
配信地域:全世界
プラットフォーム:iOS, Android
対応言語:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語
価格:基本プレイ無料(一部課金あり)
公式サイト:https://pegasus-dream.com/
公式Twitter:@PegasusCity2021

JP GAMES株式会社

代表者:田畑 端
所在地:東京都千代田区九段北1-14-16 PILE KUDAN 101-201
URL:https://www.jpgamesinc.com/

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。