2/25にファッションをテーマに体験ワークショップを実施

PLAYWORKS株式会社(代表取締役:瀧澤啓太)と、株式会社ミライロ(代表取締役社長:垣内俊哉)は、障害当事者との共創から新製品・サービスを創出するための「MIRAIRO Co-Designプロジェクト」を共同で始動します。
本プロジェクトを通じて、企業における製品・サービスの開発や改善を支援し、バリア(障害)がバリュー(価値)となる社会の実現を目指します。
2月25日(木)に「ファッション」をテーマに、アパレル業界の企業(株式会社グローバルプロジェクト、株式会社ナイガイ、丸安毛糸株式会社、他)と障害当事者も交えて体験ワークショップを実施予定です。

「MIRAIRO Co-Designプロジェクト」とは

PLAYWORKSの「インクルーシブデザイン」「サービスデザイン」、ミライロの「ユニバーサルデザイン」の知見を活かし、企業における製品・サービスの開発や改善を支援するための取り組みです。

本プロジェクトは、ミライロ・リサーチによる障害当事者への調査や、ワークショップへのリードユーザーとしての参加など、全体プロセスに障害当事者が関わりながら進めていきます。
その他、企業のニーズやフェーズに合わせて、最適なプログラムを提供いたします。例えば、製品やサービスのプロトタイプを「ミライロハウス」に展示して、障害当事者の声を吸い上げる、製品・サービスを障害当事者プラットフォームへPRするなどもあわせて実施していきます。

体験ワークショップ

日程:2月25日 (木) 15-17時(2時間)
手法:Zoomオンライン
テーマ:ファッション
参加費:無料
参加者:①テーマの関連企業(株式会社グローバルプロジェクト、株式会社ナイガイ、丸安毛糸株式会社、他) ②障害のある当事者(肢体不自由、視覚障害のある方など)
定員:合計12名程度まで
内容:
・「MIRAIRO Co-Designプロジェクト」について
・自己紹介
・インプット(以下、アンケートから)
・ディスカッション
・発表
問い合わせ:playworks@keitatakizawa.jp、press@mirairo.co.jp

PLAYWORKS株式会社

代表取締役 タキザワケイタ(インクルーシブデザイナー・サービスデザイナー)
新規事業・組織開発・人材育成など、企業が抱えるさまざまな問題を解決へと導きます。また 一般社団法人PLAYERS にて、新感覚ダイアログワークショップ「視覚障害者からの問いかけ」や、テクノロジーで点字ブロックをアップデートする「VIBLO」、顔が見える筆談アプリ「WriteWith」の社会実装など、社会課題の解決に取り組んでいます。筑波大学 大学院 非常勤講師・青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム 講師・一般社団法人PLAYERS リーダー
https://keitatakizawa.themedia.jp

株式会社ミライロ

代表取締役社長 垣内俊哉
障害のある当事者の視点を活かし、ユニバーサルデザインの総合コンサルティングを推進しています。社会性と経済性の両輪から、3つのバリア「環境」「意識」「情報」や社会の仕組みに関する各種ソリューションを提供。多様性を理解する「ユニバーサルマナー検定」、障害者手帳アプリ「ミライロID」、障害当事者の声をHP、製品、施設改善に活かす「ミライロ・リサーチ」、D&Iの情報発信・交流拠点「ミライロハウス」などを展開しています。
http://www.mirairo.co.jp/

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。