【内容情報】(出版社より)

手話は聴覚障害者が日常生活で使う
大切なことばです。
すでに言語として認識度が高いアメリカなど
海外では、第二外国語の授業に手話が
取り入れられ、履修率も高くなっています。
日本の大学でも授業科目として取り入れている
学校が少しずつ増え、より多く学ぶ機会が
得られる傾向にあります。

手話を使う人が増えれば、約32万人と
いわれている聴覚障害を持つ人との交流の機会が
ますます増えることになるでしょう。

手話にはろう者が多く用いる、
日本語とは異なる言語の「日本手話」と
日本語の語順通りに話す「日本語対応手話」が
あります。本書では、実際に使用されている
実用的な「日本手話」を紹介しています。

本書では、手話をはじめて学んでみようと
考えている人を対象に、日常でよく使う
実践的なフレーズを中心にまとめています。
聴覚障害を持つ人はもちろん、聴者の人も、
はじめて手話を覚えたいと考えている人に
役立つよう、順序立てた内容になっています。

この本により、手話という言語が身について
会話の場が広がり、読者一人ひとりの世界が
豊かになることを願います。

  • 発売日 : 2020/10/30
  • 単行本 : 160ページ
  • ISBN-10 : 4780423988
  • ISBN-13 : 978-4780423983
  • 出版社 : メイツ出版
  • 言語 : 日本語

購入はこちら

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。