成田国際空港(NAA)は2019年5月30日(木)から、ユニバーサルデザインの向上を目指し、3つのコミュニケーションツールを導入しました。

導入したツールは、「問い合わせシート」「保安検査場コミュニケーション支援ボード」、空港予習冊子「なりたくうこうからりょこうへいこう!」で、障害のある方などに協力してもらい、完成しました。
このツールの導入で、利用者の空の旅への不安を軽減する狙いです。

「問い合わせシート」とは?

全ての利用者に向けて、空港内や交通などの案内、ピクトグラムでの指差しや筆談などのメモを利用し、コミュニケーションを図ります。

https://www.narita-airport.jp/jp/bf/service_info18

「支援ボード」とは?

外国人や聴覚障害者、発達障害者、知的障害者などの利用者向けで、保安検査場での検査内容の説明や、ピクトグラムでの指差しを用いた意思疎通を実現します。

https://www.narita-airport.jp/jp/bf/service_info19

「空港予習冊子」とは?

特に発達障害や知的障害の特性のある子ども向けに用意されており、鉄道やバスなどで空港に到着してから、搭乗、降機するまでの全工程が事前に学習できます。

https://www.narita-airport.jp/jp/service/service_info17

なお、「問い合わせシート」と「支援ボード」は、日本語、英語、中国語、韓国語、「空港予習冊子」は日本語で用意されています。
成田空港では、「お手伝いの必要なお客様」に向けた案内を以下のサイトで公開しています。詳細は下のリンクから。

https://www.narita-airport.jp/jp/bf/