Last Updated on 2021年3月9日 by 今井 靖之

障害や病気をお持ちの方の就職や転職には不安がつきものです。

「自分にもできる仕事?」「体調に合わせて働ける?」「職場の理解は得られるの?」といった様々な不安が思い浮かびます。就職する際は、障害への配慮がある企業か事前に知っておきたいものです。

中には障害者雇用、障害者が働きやすい環境づくりを積極的に行っている企業もあります。そのような企業であれば就職する上での不安も減りますし、無理なく仕事を続けられるでしょう。

ではどのように障害や病気持っていても働きやすい企業を探せばいいのでしょうか?

その際にひとつの指標となるのは「実際に働いている方からの評価が高い企業」です。

この記事では、障害者雇用に関して良い評価を得ている企業をその取り組みや、職場の様子を紹介します。

目次

  1. 障害のある方からの評価が高い企業とは
  2. 障害者雇用の好事例
  3. 障害者雇用の好事例集に掲載された埼玉の企業
  4. 実際に働いている方からの評価が高い企業
  5. まとめ

1.障害のある方からの評価が高い企業とは

この記事では障害のある方から高い評価を得ている企業を2種類の基準に分けて紹介します。

1つ目の基準は国や都道府県に障害者雇用の好事例としてお墨付きを得ている企業、2つ目の基準は実際に働いている方からの口コミ評価が高かった企業です。

2.障害者雇用の好事例

「障害者雇用の好事例」とは障害者雇用に関する取り組みが国や都道府県から評価され、他の企業のお手本として紹介されている企業です。

「障害者雇用の好事例集」は厚生労働省が発表しており、公式サイトでは各企業の障害者に対する取り組みを具体的に知ることができます。障害の種類や業種によって様々な事例があるのも特徴です。

国や都道府県から評価されている企業であれば、自身の精神障害を隠すことなく、安心して働けるのではないでしょうか?

以下では好事例として取り上げられた、埼玉県の企業の取り組みの一部を紹介します。

2-1 障害者雇用の好事例1:精神障害がある方のキャリアアップを目指せる企業

続きは

へ。

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。