支援計画と連携したソーシャルスキルトレーニングVRのコンテンツ拡充へ

株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド) が提供する発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」(エモウ)は、放課後等デイサービスや就労移行支援施設などの障害支援施設へ療育に特化した施設運営システム「HUG」(ハグ)を提供する株式会社ネットアーツ(愛知県名古屋市、代表取締役:齋藤秀一、以下 ネットアーツ)との業務提携を発表しました。

emouは、HUGのもつ約2万人の成長データや支援計画を分析し、より最適なソーシャルスキルトレーニングVRのコンテンツ開発に活用しています。また、支援者と利用者はHUGを利用することで、実施したVRトレーニングの履歴をHUGの保護者ページからも簡単に閲覧できます。
このたびHUGとの連携によって、より充実したサービスの提供が可能に。また連携を記念し、emouをお得にご利用いただける初回導入キャンペーンを実施するとのことです。

■HUGとの連携で切れ目ない支援実現へ!

HUGは、1,000以上の支援施設に導入されており、現在約2万人の利用者の支援計画や療育に役立つ情報などのデータを所有しています。emouでは、この支援計画データを、抽出・解析し、支援施設の利用者1人1人の課題解決を目指し、新たなソーシャルスキルトレーニングVRコンテンツを開発するとのこと。
今後は、emouでの療育の履歴を、HUGで作成した個別支援契約とも連携させ、利用者本人と支援者だけではなく、保護者との共有もスムーズに行うことが可能になります。

<emou × HUG連携による効果>
・2万人の支援計画データを分析し、個々の特性に沿ったトレーニングを提供。
・施設等での療育の記録を効率的に保護者と連携

■emou × HUG連携キャンペーン!

現在、すでにHUGを導入している施設さま、これからHUGを導入する施設さまに限り、通常よりお得にemouを導入いただけるキャンペーンを実施します。お申し込みいただいた施設さまは、emouの初期アカウント設定費が無料となり、VRゴーグル1台をプレゼントいたします。

申込期間:2020年6月30日(火)まで
※その他、月額使用料金5万円(税別)が別途必要です。
キャンペーンのお申し込み、
お問い合わせはこちら:
https://emou.jp/emou-x-hug/

■療育に特化した業界唯一の施設運営システム「HUG」

成長療育型サービスの提供が重要になる中、「HUG」はその業務のサポートに特化した業界唯一のシステムです。本当に価値ある成長療育型サービスの提供には、専用のソフトの活用が極めて有効になります。たとえば、HUGの児童成長管理機能を活用すれば、児童の様々な情報から気を付けてほしいこと、好きなこと、症状・アレルギーなどの療育に役立つ情報を一目で確認できます。
https://www.hug-srss.com/

■発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」

emouは、全国の発達障害支援施設に向けて、VRによるソーシャルスキルトレーニングを提供しています。今年1月に開催された、経産省「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」にて優秀賞を受賞しました。emouは、対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を獲得するソーシャルスキルトレーニングを、専門医の監修のもとVRプログラム化。VRによって、場面の再現が簡単にでき、コンテンツ毎のセッション進行マニュアルをセットで提供しているため、経験の浅い支援スタッフでも受講者に良質なトレーニングを行うことができます。
https://emou.jp/