ライバルは自分自身、究極の精度と精神力・集中力

競技概要

パラ射撃は、肢体不自由の選手を対象に行われ、ライフルやピストルで遠方に固定された円状の的を撃ち、その正確性を競います。撃ち抜いた位置によって点数が与えられ、制限時間内に規定の弾数の射撃を連続して行い、合計得点によって勝敗が決まります。

パラリンピックでは、選手の障がいの程度、ならびに上肢(手または腕)で銃を保持できるかどうかを基準として、SH1ピストル、SH1ライフル(上肢で銃を保持できる)、SH2ライフル(上肢で銃を保持できず、支持スタンドを使用する)の3つのクラスに分けられます。

競技種目は銃の種類や的までの距離、撃つ姿勢などを組み合わせた、さまざまな種目があり、それぞれ男女別、男女混合などで競います。

呼吸や心臓の鼓動も照準のブレを呼び、パフォーマンスに影響するので、呼吸のリズムと撃発のタイミングを合わせる微妙な技術が必要になります。
また、集中力を保つため、何事にも動じない感情の制御もポイントになります。それぞれに合った射撃のルーティンをつくり、常に正確に再現できる安定性も見どころ。

ルール

パラリンピックで使用する銃は5種類で、種目によりそれぞれ的までの距離が規定されている。ライフル種目はエアライフル(10m)とライフル(50m)の2種類、ピストル種目はエアピストル(10m)、スポーツピストル(25m)、フリーピストル(50m)の3種類がある。

的には10個の同心円が書かれていて、10mエアライフル標的の中心の円は直径わずか0.5ミリ。これが10点圏となる。円の外側にいくにつれて等分に9~1点と得点が低くなり、的を外した場合は0点となる。ライフル種目は電子計測によってさらに10分割されており、10点圏の中心に命中すると、最高得点の10.9点の満点が与えられる。

射撃姿勢には「立射(りっしゃ)」、「膝射(しっしゃ)」、「伏射(ふくしゃ)」の3種類あるが、パラリンピックでは車いすの選手など下肢に障がいのある選手も参加するため、ルールが緩和されている。

種目

・ライフル
R1 10m エアライフル 立射 SH1(男子)
R7 50m ライフル 三姿勢 SH1(男子)
R2 10m エアライフル 立射 SH1(女子)
R8 50m ライフル 三姿勢 SH1(女子)
R3 10m エアライフル 伏射 SH1(混合)
R4 10m エアライフル 立射 SH2(混合)
R5 10m エアライフル 伏射 SH2(混合)
R6 50m ライフル 伏射 SH1(混合)
R9 50m ライフル 伏射 SH2(混合)
・ピストル
P1 10m エアピストル SH1(男子)
P2 10m エアピストル SH1(女子)
P3 25m ピストル SH1(混合)
P4 50m ピストル SH1(混合)

対象障がい

肢体障がい

東京2020パラリンピック情報

日程:2021年8月30日(月)〜9月5日(日)
会場:陸上自衛隊朝霞訓練場

競技紹介アニメーション「One Minute, One Sport」
パラ射撃のルールや見どころを1分間の手書きアニメーション動画でご紹介します。パラ射撃に詳しい人も、そうでない人も、まずは動画をチェック!

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。