全国約46,000名の中小企業経営者より構成される中小企業家同友会全国協議会が、「幸せの見える共生社会の実現」を目指す取り組みについて学び合う「障害者問題全国交流会」を、埼玉県を開催拠点として10月21日・22日にオンライン開催。

10月21日・22日「第21回障害者問題全国交流会 from 埼玉」に47都道府県から700名超の中小企業経営者が参画!!

中小企業家同友会は、人間尊重経営を実践する上で欠くことのできない柱の一つとして、障害者雇用に取り組んできました。「障害者問題全国交流会」は2年に一度開催される全国大会であり、今年は埼玉中小企業家同友会の設営にて開催されます。現段階ですべての都道府県から700名を超える参加登録があるとのこと。それは過去20回開催された「障害者問題全国交流会」の歴史でも初めてのことであり、中小企業経営者の多様性社会の実現への意識の高さを物語る数字といえます。

第21回障害者問題全国交流会 from 埼玉 ・開催概要

大会名:第21回障害者問題全国交流会 from 埼玉

テーマ:人を生かす経営の実践で共生社会の実現を!
    〜本気の企業づくりで夢ある未来を切り拓こう〜

1日目 2021年10月21日(木)13:00~18:30
    分科会(7分科会での開催。報告、グループ討論、発表)

2日目 2021年10月22日(金)9:30~12:00
    全体会・記念講演
    記念講演:『渋沢栄一に学ぶ福祉の未来』
         ノートルダム清心女子大学 教授 杉山博昭 氏



主催:中小企業家同友会全国協議会
設営:埼玉中小企業家同友会
後援:埼玉労働局、埼玉県、埼玉県教育局、さいたま市

第21回障害者問題全国交流会 from 埼玉 問合せ・連絡先

埼玉中小企業家同友会 事務局:清水・高頭
TEL: 048(747)5550
Mail:info@saitama.doyu.jp

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。