【内容情報】(出版社より)

公認心理師試験の科目の1つ、関係行政論の教科書です。

公認心理師が活動する5分野(保健医療・社会福祉・教育・司法犯罪・産業労働)の法律制度を、200ページにまとめて概観できるようにしました。
前著(関係行政論2021年版)と同様、総論よりも各論を重視する姿勢は変わりませんが、法律や制度の根幹部分を示すものにすること、どうしてそのような制度が必要なのかといった制度趣旨については自身が理解した形で示しすこと、講義をしてみると勘違いしやすいポイントに気づくことがあるのでその指摘を試みること、厳密だが難解なものより粗くてもイメージがつかめるものを心がけ、内容・分量とも通読してもらえるような本にすることを目標にしました。

はじめに
第1章 関係行政論とは
1 関係行政論とは
第2章 医事法
1 医療法・医療計画制度
2 医療保険制度
3 高齢者の医療保険制度
4 医師法
5 医療行為に関する法
第3章 精神医療
1 精神医療のあゆみ
2 精神保健福祉法の概要
3 精神障害者
4 医療及び保護
5 保健および福祉
第4章 地域保健
1 地域保健法
2 母子保健法
3 健康増進法
4 自殺対策基本法
第5章 障害者福祉
1 社会福祉
2 障害者基本法
3 障害者総合支援法
4 障害者差別解消法
5 障害者雇用促進法
6 障害者虐待防止法
7 発達障害者支援法
第6章 高齢者福祉
1 介護保険法
2 老人福祉法
3 高齢者虐待防止法
4 成年後見制度の利用の促進に関する法律
第7章 児童福祉
1 児童福祉法
2 子ども子育て支援
3 児童虐待防止法
4 児童福祉施設
第8章 生活保護など
1 生活保護法
2 生活困窮者自立支援法
第9章 教育法
1 教育基本法
2 学校教育法
第10章 学校保健・いじめ対策など
1 学校教育法(続き)
2 特別支援教育
3 学校安全保健法
4 いじめ対策推進法
5 教育相談
第11章 刑事司法制度
1 刑事法
2 刑事司法制度
3 裁判員裁判
4 刑事施設
5 更生保護
第12章 少年司法制度
1 少年法(少年司法制度)
2 心神喪失者等医療観察法
3 犯罪被害者等基本法
第13章 労働法
1 労働契約法
2 労働基準法
3 労働者派遣法
第14章 労働衛生
1 労働安全衛生法
2 メンタルヘルスケア指針
3 過労死等対策
4 心理的負担による精神障害の認定基準
第15章 ハラスメント防止・DV保護法・ハーグ条約など
1 男女雇用機会均等法
2 職場におけるハラスメント防止対策・労働施策総合推進法
3 DV防止法
4 ハーグ条約

  • 出版社 ‏ : ‎NextPublishing Authors Press
  • 発売日 ‏ : ‎2021/7/21
  • オンデマンド (ペーパーバック) ‏ : ‎ 216ページ

購入はこちら

関連

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。