視覚障害がある方々の自立支援を目指すための機材を整備する取組み

中国銀行(岡山市北区丸の内一丁目15番20号 頭取 加藤 貞則)は、株式会社山陽新聞社(岡山市北区柳町二丁目1番1号 代表取締役 松田 正己)とREADYFOR株式会社(東京都千代田区麹町一丁目12番1号住友不動産ふくおか半蔵門ビル2階 代表取締役CEO 米良 はるか)が運営する地域密着型クラウドファンディングサービス「晴れ!フレ!岡山」で、特定非営利活動法人 岡山県視覚障害者自立支援センター(代表 奥村 俊通)が取組む「視覚障害がある人の失われた充実度をとりもどしたい!」への募集を開始しました。

https://readyfor.jp/projects/mizunowa

プロジェクト名:視覚に障害がある人の失われた充実度をとりもどしたい!

クラウドファンディング実施期間:〜2021年2月26日(金)
支援金:5,000~100,000円
リターン:サンクスレター、カードケース、農作物、オンライン/オフライン相談等
資金使途:訓練に必要な機器類の購入費用、車両購入費用

株式会社中国銀行

代表者:加藤 貞則
所在地:岡山県岡山市北区丸の内1-15-20

特定非営利活動法人 岡山県視覚障害者自立支援センター

代表者:奥村 俊通
所在地:岡山県岡山市北区奉還町二丁目9-3

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。