2人の利用者が高卒資格取得に挑戦中!

長崎県佐世保市で就労支援事業所を運営する「フォーオールプロダクト」(石丸徹郎代表取締役)は4月から、就労支援を受ける人が高校卒業資格の取得を目指せるプログラムを始めました。高校を中退した人などの将来の選択肢を広げるのが狙い。

フォーオールプロダクトは
訓練の柱に「デザイン」を取り入れることで就職が見込まれるほか、デザイナーとして個人事業スタイルの就労環境も提供している就労支援サービス。「ビジネス基礎コース」「デザイン基礎コース」を備え、これまで多くの就職者実績を出しています。

高卒資格を目指すプログラムでは、着実に卒業を目指せるようにするため、担任制を導入する通信制高校と連携。施設に専任の支援員を配置することで、利用者が学習のペースを保てるよう配慮されています。また、就労継続支援B型事業所の作業で得た工賃は学費に充てられるようにもなっているとのことです。