岩手県花巻市に、シードルやワインを醸造するワイナリー「アールペイザンワイナリー」が誕生しました。
アールペイザンは、フランス語で芸術を意味する「アール」と、農民を意味する「ペイザン」をかけ合わせた造語。

ワイナリーは、障害者の就労施設などを運営する社会福祉法人悠和会が、国や市、日本財団の支援をうけ花巻市幸田地区の棚田の休耕田を整備したもの。
2階建ての建物では2階が2020年オープンのワインショップとなる予定。原料となる果実の栽培からラベルの貼り付け、販売などさまざまな作業を障害のある人たちが行います。
昨年よりワイン用のブドウ栽培が始まっており、2年後には収穫、醸造が可能となるとのこと。今年度はリンゴの「ふじ」を使用したシードルの醸造に取り組んでいます。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。