実験期間のパイロットは障害者2名が担当

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、株式会社オリィ研究所と協力し、分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)を活用した「ゆっくりレジ」を、実験導入することを発表しました。実験は 2020年7月27日(月)~8月下旬までの約1か月間の平日、モスバーガー大崎店にて。

「OriHime」は、全長約23cmの分身ロボット。子育てや介護、身体障がいなどのハンディキャップで外出困難な人の分身として、遠隔地であってもあたたかみのあるコミュニケーションを可能にします。
今回の実験では、モスバーガー大崎店の店頭に時間限定(平日 14:00~18:00)で「OriHime」を1台設置し、「ゆっくりレジ」を稼働させるとのこと。
OriHimeを分身としてリモートで会話や動作を行うレジの「パイロット」は来店客と会話しながら注文の受付を担当し、決済は有人レジにて行います。なお、実験期間のパイロットは、関西に在住の障害当事者2名が担当します。

<実験概要>

■内 容 :分身ロボット「OriHime」を活用した「ゆっくりレジ」の実証実験
■期 間 :2020年7月27日(月)~8月下旬までの約1か月間
■時 間 :平日 14:00~18:00
■店 舗 :モスバーガー大崎店 (東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 2F)
■協 力 :株式会社オリィ研究所(https://orylab.com/)
■OriHime : リモートワーク、テレワークに最適化されたコミュニケーションロボット
高さ:23㎝×幅:約17㎝(腕を畳んだ状態)×奥行:約11㎝、重量:660g

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。