障害のある方が「働く」ことへの理解を深め、「働きたい」と思えるきっかけをつくるイベント

障害のある方の本人の視点を大事にし、働いている方の体験談や、雇用企業・就労支援機関の支援者からの生の声を発信する「働きたい!わたしのシンポジウム」が開催されます。

16度目の開催となる同シンポジウムでは、「働くって何だろう?」「僕はこのままでいいのかな?」のような「働く」ことへの疑問や不安を解決するヒントを、本人・企業・支援者から伝える回になるとのこと。

当日は、第1部では、株式会社オーイズミフーズに勤務する障害者の働き方が紹介されるほか、第2部では知的障害、発達障害、精神障害のある人たちの就労プロセスを、当事者・支援者の体験談として聞くことができます。
また、第3部では障害者の支援者と事例発表者によるトークリレーが行われます。

【開催概要】

◆開催日時 令和2年1月25日(土曜日) 13時30分~16時40分(12時30分開場)
<入場無料・当日先着順・定員500名(定員になり次第、締め切ります)>
◆開催場所 磯子公会堂 講堂
JR根岸線磯子駅西口より徒歩5分(横浜市磯子区磯子3-5-1)

※乳幼児保育を希望される方のみ、1月10日(金曜日)までに下記の問合せ先へ連絡ください。※保育の対象は1歳6か月~未就学児。

主催:横浜市 健康福祉局 障害企画課 就労支援係
Eメールアドレス:kf-syuurou@city.yokohama.jp
TEL:045-671-3992
FAX:045-671-3566

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。