当日は約300人が来場し、バッティングに注目!

2019年12月8日(日)に開催された「ベースボールクリスマス2019 in愛媛」(主催:愛・野球博実行委員会、一般社団法人日本プロ野球選手会)にて、
首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:堀江泰)が開発中の「ユニバーサル野球」がブース出展。現役プロ野球選手とユニバーサル野球で“ガチンコ勝負”をしました。
直径10cmで金属製の専用ボールが打たれると、来場者はボールの行方を全員が固唾を飲んで見つめ、その結果に一喜一憂。試合が進むにつれ白熱の戦いを繰り広げました。
<参加選手>
セ・リーグ:横浜DeNAベイスターズ櫻井周斗選手、中日ドランゴンズ木下雄介選手、高松渡選手
パ・リーグ:西武ライオンズ輿座海人選手、 福岡ソフトバンクホークス真砂勇介選手、東北楽天イーグルス堀内謙伍選手、オリックス・バファローズKー鈴木選手

“野球盤”の約10倍のサイズで誰でもリアルな野球を体験できる

ユニバーサル野球とは堀江車輌電装株式会社が開発した、障害の有無にかかわらずプレイできる野球競技。市販の野球盤(約60cm)の約10倍、一般的な野球場(120m)の20分の1の大きさで、車いすのままでもバッターボックスに立つことができるのが特徴です。
約10~45秒で1周する回転台を活用したボール台と直径約10cmの金属ボール、少しの力で誰でもスイングできるバッティング方法など、独自のアイディアと技術で構成されています。
また、車一台で簡単に運べて少ない人数で短時間で組み立てられる構造。2020年にはユニバーサル野球の本試合大会開催を目指しているとのことです。
ユニバーサル野球HP:https://h-tryangle.jp/universalyakyu/

【会社概要】

堀江車輌電装株式会社 ウェブサイト http://horie-sharyo.co.jp/
■本社 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-3-2 大橋ビル5階
電話 03-5213-4728 ファックス 03-5213-4729 (平日9:00~18:00)
■日高作業所 〒350-1253 埼玉県日高市台462-1 西武鉄道株式会社 武蔵丘車両検修場内
■横浜作業所 〒227-8540 神奈川県横浜市青葉区恩田町704東急テクノシステム株式会社 長津田工場内
設立 1968年6月18日 資本金 1,000万円 代表取締役 堀江 泰
事業概要 鉄道車両の整備・改造・点検、労働者派遣事業、有料職業紹介事業、ビルメンテナンス事業

【堀江車輌電装株式会社のスポーツに関する主な取り組み】

・健常者と障がい者がともにプレーする唯一の社会人フットサルチーム「FC Tryangle Tokyo(エフシートライアングルトウキョウ)」運営
・スポーツ教室の企画・運営:各種競技のパラリンピック選手を招聘し、プロの指導にこだわった車いすテニス教室等を随時開催

関連情報(2020年7月27日追加)

誰でも野球が楽しめる「ユニバーサル野球」が埼玉県秩父郡横瀬町が行う“まちづくりの実践や実証試験などができるチャレンジのフィールド“「よこらぼ」に採択されました
http://www.horie-sharyo.co.jp/news/2020/07/27/200727/

ユニバーサル野球公式ウェブサイト
https://universalbaseball.world/

トライアングルサイト
http://h-tryangle.jp/