障害者が勤務し、住民の交流や健康づくりの拠点化を目指す

愛媛県西予市市三瓶町に、地域共生型交流拠点施設「なごみかん」がオープンしました。
社会福祉法人の西予総合福祉会が指定管理者を務め、就労継続支援B型事業所の一環として運営。障害者6人前後が勤務するパン工房のほか、パン販売コーナーや運動設備などがあり、住民の交流や健康づくりの拠点化を目指すとのことです。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、トレーニング機器などがある地域交流スペースやボルダリング体験設備の使用のほか、地元産品販売は見合わせる予定。
6月の開館時間は9:00~17:00。7月以降は状況をみて検討。火曜日休館。
問い合わせ:TEL0894-89-3333

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。