株式会社幻冬舎メディアコンサルティング プレスリリース

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『社員の2人に1人 わが社の主戦力は障害者』(吉田 昭元 著)を2021年4月28日に発売します。
――――――――――――――――――――――――――
彼らはコストではない、貴重な戦力だ!
障害者100人を雇用し、10年連続で業績アップを実現した企業に学ぶ障害者雇用の成功ノウハウ

企業が障害者雇用に失敗する原因の一つは、障害者を会社の枠組みに当てはめようとすることにあります。会社が一人ひとりの特性を理解し、能力を発揮できる環境を整えることで、障害者は会社の貴重な戦力になります。
多くの障害者を雇用し、創業以来10年連続で業績UPを実現してきた著者が、「適職配置」や「コミュニケーション」「フォローアップ体制」など、あらゆる視点から、障害者雇用成功のためのノウハウを解説します。

【書籍情報】
書 名:『社員の2人に1人 わが社の主戦力は障害者』
著 者:吉田 昭元(ヨシダ アキヒロ)
発売日:2021年4月28日
定 価:1,650円(1,500円+税)
体 裁:四六版・並製/198ページ
ISBN :978-4-344-93243-2

【目次】
はじめに
第1章 社員の2人に1人!
障害者100人を雇用して業績を上げ続ける会社
第2章 高い離職率、頻出する社内外トラブル……
障害者雇用は難しい!?
第3章 障害者でも特別扱いは一切禁止!
各障害の特性を活かした適材適所で能力を最大に引き出す
第4章 100人を“デキる社員”へ!
生産性を最大限高めるための、障害者社員との接し方
第5章 定着率94%を実現!
障害者が安定して働けるフォローアップ体制の構築
第6章 障害者は「コスト」ではない、貴重な「戦力」だ!
おわりに

【著者プロフィール】
吉田 昭元(ヨシダ アキヒロ)
株式会社絆ホールディングス代表取締役
企業の人材育成業を営んでいた際、顧客の運営する放課後等デイサービス事業所に接し、その社会的意義を感じる。その後、2012年に株式会社絆ホールディングスを設立し、自らも児童福祉法に基づく障害児支援の放課後等デイサービス事業に参入。「(社会性+事業性)×人」という理念を掲げ、大阪市内に複数の児童発達支援・放課後等デイサービス事業所を開所。2016年以降は障害者総合支援法に基づく就労支援事業も手掛ける。さらに、2018年には小学生から高校生までが通えるフリースクールを開設。障害者に対し、幼児期から就業に至るまでの切れ目のない支援を行う。また現在は、2020年4月の雇用率強化政策(改正障害者雇用促進法)に伴い、企業と障害者をつなぐ事業を進めている。

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング

代表者:久保田 貴幸
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
URL:https://www.gentosha-mc.com/

購入はこちら

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。