B型作業所で新しい才能を発掘し 羽ばたく力の源へ

株式会社いせむつ(所在地:名古屋市北区若葉通2-3 第三諏訪ビル3F、代表:杉中 忠)は、e-sports大会の障がい者、健常者の同時開催に向けて「e-sports Handicap-cup(ハンディーキャップカップ) project Japan」のプロジェクトを始動します。
「e-sports Handicap-cup project Japan」は、ゲームが趣味の障がい者の技術を伸ばす事を障がい者福祉に18年携わったくまねこサポートグループが、才能の埋もれてしまっている障がい者を、就労継続支援事業所B型でプロゲーマー養成を完全にバックアップするプロジェクト。
特化した技術を持ち合わせた障がい者をB型事業所で仕事として技術を上達し、その技術をお披露目するオンライン大会を開催します。

【8月に日本初e-sports Handicap-cupを開催】

障がい者グループホームの運営サポート全国100棟、自社運用グループホームを10棟運営するネットワークを活用し障がい者e-sporsの大会「e-sports Handicap-cup project Japan」を全国で開催することが決定。

8月の名古屋と鹿児島での大会を皮切りに、全国の障がい者施設を結んでオンライン大会へと進めます。大会の模様はネットでLIVE中継を行い、新しい才能の発掘と障がいの希望になることを目標としています。

■イベント名称:e-sports Handicap-cup 全国大会
■開催日時  :2020年8月22日(土曜日) 14時配信スタート
■開催場所  :オンライン(YouTube)
■内容    :(1)ゲーム名
          機動都市X 対戦型ゲームでのバトル 90分を予定
          ゲーム名
          キックフライト 対戦型ゲームでのバトル 90分を予定
        (2)表彰式
        (3)交流イベント
■主催    :株式会社いせむつ http://www.isemutsu.co.jp/

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。