「世界ダウン症の日」に向けた恒例イベント

3月21日の、国連で制定された「世界ダウン症の日」に向けて、全国各地でさまざまなダウン症啓発のためのイベントや講演会などが開催されます。日本ダウン症協会では、にキックオフイベントを開催。また、3月を「ダウン症啓発月間」と定め、啓発活動が行われます。

【開催概要】

●日 時:
2020年2月24日(月・振替休日) 13:00~16:00 (開場12時)
●会 場:
東京都新宿区立牛込箪笥区民ホール
地下鉄:都営地下鉄大江戸線 「牛込神楽坂」A1出口より徒歩0分
    東京メトロ東西線「神楽坂」2番出口より徒歩10分
都バス:飯62系統 小滝橋車庫前~都営飯田橋駅または、橋63系統 小滝橋車庫前~新橋駅「牛込北町」下車
●ステージ内容:
※順不同 ※予告なく変更することがあります。
・ライブパフォーマンス
・ダウン症のあるご本人による発表
・現役医師による音楽ユニット「インスハート」ライブ
・世界ダウン症の日、ダウン症啓発ポスター発表
(2020年版ポスター発表。当日来場者の皆さまにポスターをお配りしますので、掲示にご協力をお願いいたします!)
・JDSからのアピール文採択

●チケット料金:
会員(前売りのみ) 1,000円
非会員・当日 1,500円(当日券は残席がある場合のみ)
※前売り券の発売は2月13日まで。
 それ以前でも定員になり次第締め切らせていただきます。
<申し込みはこちらから>
https://jds-wdsd2020.peatix.com

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。