アプリ開発を通じ時代に必要とされるエンジニアを育成

ホームページ制作などを行う京都のIT企業が、精神障害・発達障害に悩む人の就労移行支援施設「オレンジアカデミー 」を作るためのプロジェクトを始動させました。
発達障害・精神障害を抱える方が社会復帰できるよう、アプリ開発のエンジニア育成を目指します。ソーシャルグッドに特化したクラウドファンディングプラットフォームGoodMorningで、2020年5月29日までの期間、施設開設のための支援を募集します。

プロジェクトを実施するのは、WEBシステム開発や障害者自立支援を手がける合同会社オレンジ・ライフ (本社:京都府京都市、代表社員 :岸田 和也)。

▼クラウドファンディングプラットフォームGoodMorning|「京都市内で精神障害・発達障害で悩む方の就労移行支援施設を作りたい!」

https://camp-fire.jp/projects/view/232574

資金の使い道

設備費:月約15万円×1年 175万 
駐車場代 月極+パーキング3万 ×12ヶ月 36万×6台 180万
人件費:約250万円 サビ菅・相談員など 6名最低の人件費
広報費:約50万円
パソコンや机等の備品 10台として50万
その他工事費等・・
初期設備投資は500万以上かかってしまいます。
自己資金でももちろん頑張りますが、足りないため支援者を募ります。

■300万円を目標に、サイト制作やオリジナルTシャツなど3コースのリターンを用意

プロジェクトでは、就労移行支援施設開設のための資金として300万円を目標に費用を募ります。また、リターンとして、3,000円・1万円・5万円の3つのコースをご用意。京都のオリジナルTシャツや、心を込めた手紙、WordPressを使用したサイト制作の中からお選びいただけます。

【合同会社オレンジ・ライフについて】

本社:〒604-0924 京都府京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町376 クロトビル5F
代表者:代表社員 岸田 和也
設立:2019年6月
電話番号:075-283-1238
URL:http://www.orange-life.jp
事業内容:
・WEBシステム開発
・障がい者自立支援

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:合同会社オレンジ・ライフ
担当者名:岸田 和也
TEL:075-283-1238
Email:info@orange-life.jp

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。