全盲及び視覚障がい者の生活改善を支援

視覚障がい者のための人工知能(AI)を搭載した視覚支援デバイスを製造するオーカムテクノロジーズ(本社イスラエル)は、サッカー・スペインリーグのFCバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がアンバサダー就任したことを発表しました。メッシが福祉関連のアンバサダーにつくのは初めてのことになります。

また、オーカムでは同時に「オーカム ドリームチーム」を発足したことを発表。ブラインドサッカー日本代表の加藤健人(34=アクサ生命保険、埼玉T.Wings)もメンバーとして参加することになっており、視覚障がい者のクオリティ・オブ・ライフの向上を支援していくとのことです。