東京パラリンピック開幕の8月25日に合わせてオープン

世界初となる、国際パラリンピック委員会(IPC)公式のパラリンピックミュージアム「PARALYMPIC MUSEUM in TOKYO 2020(パラリンピックミュージアム東京2020)」オープンします。

期間は、パラリンピック開幕の8月25日から9月下旬まで東京・日本橋の「コレド室町テラス」で開かれます。入場は無料。

ミュージアムでは、1948年の英国のストークマンデビル病院で開かれた負傷兵によるスポーツ大会から、現在のパラリンピックに発展を遂げた歩みをパネルなどで展示。大会ポスターや実際に使用した競技用道具のほか、著名選手の競技映像も紹介される予定となっています。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。