全国的に数少ない「てんかん専門医」がオンライン市民公開講座を開催

聖隷浜松病院てんかんセンター(所在地:静岡県浜松市/センター長:榎日出夫)が、「オンライン市民公開講座2021」を、2021年3月6日(土) 午前10時00分~開催します。

てんかんセンターオンライン市民公開講座2021概要

開催日時:2021年3月6日(土) 午前10時00分~11時00分
お申し込み:下記URLよりお申し込みください。
      http://www.seirei.or.jp/hamamatsu/news/20210306/index.html
      (申込期間:2021年1月18日~3月5日)
その他:参加費無料、要事前申込(定員200名)*申込時に質疑を受付けます

聖隷浜松病院には、6人のてんかん専門医(脳神経内科・脳神経外科・小児科)から構成される「てんかんセンター」があります。複数の科で行っていたてんかん診療を集約化し、「小児から成人まで」 年齢の境界を取り払い、「抗てんかん薬による薬物治療から難治例に対する外科治療まで」治療法の垣根を越え、ひとりの患者への医療をひとつの施設内で完結することをめざし、2008年に開設しました。日々、内科系・外科系の医師が一堂に会して治療法を検討しています。
また、2019年6月より、パソコンやスマートフォンを利用して対話ができるオンライン医療相談を実施しています。てんかん専門医は、全国で700名ほどしかおらず、専門医がいない県もあり、近くにてんかん治療の専門医がいない、通院距離が長いと交通費や時間がかかり、移動中に発作が出たらという不安で通院できない。このような負担が、オンライン医療相談のシステムで軽減でき、専門医に相談することで、新しい治療方法を知り治療の選択肢を増やしたり、治療に悩んでいる方には受診勧奨することができています。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団

代表者:山本 敏博
所在地:静岡県浜松市中区住吉2丁目12番12号
URL:http://www.seirei.or.jp/hq/

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。