品川女子学院では2020年東京パラリンピックを控え、中高生がダイバーシティの理解を深めることを目的に、一般社団法人PLAYERSと共同し、障害者と触れ合いながら学ぶワークショップを開催することを発表しました。

【一般社団法人 PLAYERS × 品川女子学院 特別講座概要】
日時:2019年9月28日(土) 13:30〜17:30
会場:品川女子学院
参加者:中1〜高2(生徒30名)
※ゲストとして一般の視覚障害者の方・聴覚障害者の方が参加します。

・品川女子学院について
28 歳になった時に社会でいきいきと活躍する女性を育てるライフデザインを考える「28project」を実践する進学 校です。高校 1・2 年生がクラスで 1 つの模擬起業をする「起業体験プログラム」や、企業とコラボレーションした「特 別講座」など、キャリア教育・ICT・起業家教育において、先進的な教育を行っています。 理事長:漆紫穂子 校長:仙田直人
http://www.shinagawajoshigakuin.jp/

・一般社団法人PLAYERSについて
障害者と周囲の手助けしたい方を「LINE」でマッチングするサービス「&HAND」や、発信機内蔵の点字ブロックで視覚障害者の移動を支援する「VIBLO」などを手掛けるクリエイターチーム。
https://www.players.or.jp/

・個別取材について
講座の様子のほか、参加者・主催者の個別の取材にも応じさせていただきます。
・ニュースリリース・取材に関するお問い合わせ
一般社団法人PLAYERS 広報 森本・宮川 players.gia@gmail.com
品川女子学院 広報部 竹内啓悟
TEL 03-3474-4008
FAX03-3471-4076
MAIL k-takeuchi@shinagawajoshi.ed.jp

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。