スポーツパークと誰もが利用しやすい施設が豊洲エリアに誕生

東京ガス株式会社(社長:内田 高史)と東京ガス不動産株式会社(社長:穴水 孝)が協賛する「TOKYO SPORT PLAYGROUND」および東京ガスが施設運営を担う「新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT」が、誰もが楽しみ安心して利用できる施設として、東京ガス不動産所有の豊洲用地内に2020年10月10日(土)から2021年9月20日(月・祝)までの期間限定でオープンします。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND」は、三井不動産レジデンシャル株式会社(社長:藤林 清隆)とナイキジャパングループ合同会社(VP 兼ゼネラルマネージャー:小林 哲二)がインクルーシブデザインを取り入れて建設したスポーツパークで、ランニングトラック、バスケットボールコートや遊具などを備えています。
環境に配慮し、使われなくなったスニーカーを細かい粒状に分解した「Nike Grind」を床材に使用するとともに、すべてのエリアに段差なくアクセスできるバリアフリー設計となっています。
https://tokyo-sp.com/

「新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT」は、障がい者や有識者の声をもとに、「誰もが利用しやすい」をコンセプトに建設した施設で、緩勾配スロープや車いすの方も安心して使用できる低床ベンチ、電動車いす用充電器などを備えています。
誰もが使いやすいキッチンツールなどのユニバーサルグッズや最新式の車いすを体験できるコーナーを設置するとともに、建物の前面・背面には本施設のシンボルとして障がい者アートを採用し、ユニバーサル社会への理解促進を図る施設となっています。

TOKYO SPORT PLAYGROUND

正式名称:TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART
所在地:東京都江東区豊洲6丁目105番1
企画・施設運営:三井不動産レジデンシャル株式会社
企画・デザイン:ナイキジャパングループ合同会社
協賛:東京ガス、東京ガス不動産、無印良品
開設期間:2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月・祝)
営業時間:平日15:00~21:00、土日祝日10:00~21:00(入場無料。ナイキアプリからの事前予約が必要。イベントなどにより営業時間が変更になる場合あり。)

新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT

正式名称:東京ガス 新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT
所在地:東京都江東区豊洲6丁目105番1
施設運営:東京ガス
開設期間:2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月)のうち不定期に運営(入場無料)

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。