女子フットサルの臼杵深徳選手が参加

新型コロナウイルスにより、経営的に厳しい状況に追い込まれている、知的障がい児・者のサッカースクールである認定NPO法人トラッソスを応援するチャリティ個サル(個人参加のフットサル)が7月25日(土)に、銀座deフットサル 西東京スタジアムで開催されます。

当イベントは、ヒュンメルのアンバサダーである女子フットサルの臼杵深徳選手(バルドラール浦安 ラス・ボニータス)によるイベントで、ヒュンメルが参加者へのTシャツとマスクで協賛。
密にならないよう参加人数を20名に限定し、場所代などの経費を除いた約6万円をトラッソスに寄付される予定です。

■イベント情報

日時:7月25日(土)18:00~20:00
場所:銀座deフットサル 西東京スタジアム(最寄駅:西武新宿線 田無駅より徒歩1分)
参加費:3,500円
定員:20名
プレゼント:ヒュンメル × トラッソスチャリティマスク、ヒュンメルTシャツ

■応募フォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScyXCs5QQIKIkOd85cwROAc2MFQsyKxwJT-cdMeWCz-0Pw1eg/viewform?vc=0&c=0&w=1

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。