“今不安を抱えている人に寄り添うことの大切さ”を歌う

日本財団(会長 笹川陽平)は、コロナ禍において不安を感じている人たちに寄り添う気持ちを発信するため、世界15の国と地域46名の障害のあるアーティストによるミュージックビデオ「Stand By Me(スタンド・バイ・ミー)」を6月3日(水)13時よりYouTubeにて公開しました。

誰もが居心地の良い社会を目指し開催する「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年度のコンサートなどのプログラムを中止していました。しかし、
コンサートに出演予定だったアーティストらが中心となりミュージックビデオを制作。世界15の国と地域46名の障害のあるアーティストが自宅から参加し、再開第1弾企画として、ミュージックビデオを公開することにいたりました。

アメリカで最も有名な手話通訳者として知られるアンバー・ギャロウェイが手話通訳を務め、日本からは、“和製スティービー・ワンダー”と称されるピアニスト・シンガーの木下航志、全盲のヴァイオリン奏者の穴澤雄介、義足のダンサー・女優の森田かずよのほか、2020年2月にTrue Colors MUSICALに出演したダンサーの東野寛子、鹿子澤拳らも出演しています。

「True Colors Festival」は、アーティストと観客が同じ場所で想いや体験を共有できる日まで、オンラインのプロジェクトを中心に展開していく予定とのことです。

True Colors Festivalミュージックビデオ「Stand By Me」
「Stand By Me(スタンド・バイ・ミー)」は、時代や国境を超えて親しまれていることに加え、世界中の人が今置かれている状況や想いを代弁する曲です。未来が不確かだからこそ、お互いができることで支え合う大切さを歌ったこの曲に、参加アーティストたちが世界各国からさまざまな思いを込めてパフォーマンスをする様子がミュージックビデオには収められています。

■配信日:2020年6月3日(水)13:00
■使用曲:Ben E King 「Stand By Me」
■クリエイティブプロデューサー:シドニー・タン (シンガポール)
■参加アーティスト:15の国と地域46名

「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭」再始動について

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしました。しかし、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを再始動させます。今後のプログラム最新情報は、公式サイトやSNSをご覧ください。

公式サイト:https://truecolors2020.jp/
YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCAgeZvDmWUxkLyOjNYjUByQ
Instagram: https://www.instagram.com/truecolors2020/
Twitter:https://twitter.com/truecolors2020
Facebook:https://www.facebook.com/TrueColors2020/