横浜区青葉区に来春、特別支援学校が新設され、現在工事が進められています。

新設される学校は「県立あおば支援学校」。校舎はRC地上3階建てで延床面積は約1万1100平方メートル。
青葉区上谷本町の中里学園跡地に建設中で、青葉区ならびに横浜北部エリアでは初の特別支援学校となります。

特別支援学校は市内に現在24校あり、各学校によって対応する障害の部門が分かれていますが、あおば支援学校は肢体不自由教育と知的障害教育の2部門となるとのこと。また、小学部から高等部まで200人程度の規模が想定されています。
11月にも学校設置が認められる予定で、11月11日と16日には内覧会も行われます。

開校に向けては以下のスクールバスが整えられています。
青葉北コース・青葉南コース
都築コース・こどもの国コース
長津田コース・藤が丘コース

【本校のコロナウイルス感染症対策についてのお知らせ】※2020年4月20日追加

https://www.pen-kanagawa.ed.jp/aoba-sh/oshirase/korona.html

終了しました【学校見学会のご案内】 ※2019年12月7日追加

◆日時:12 月10 日(火)
午前の部:10 時~11 時30 分(9時30 分受付開始)
午後の部:14 時~15 時30 分(13 時30 分受付開始)
会場:あおば支援学校 横浜市青葉区 上谷本町109 番地
対象:あおば支援学校への入学を検 討している幼児・児童・生徒 及びその保護者・関係者※幼児・児童・生徒も見学できます
◆内容:
・教育内容の説明
・施設見学※令和2年度あおば支援学校高等部入学者選抜の受検を予定していて、志願相談を済ませた方につい ては、受付の際に入学願書を配付いたします。
◆参加申込方法等:
参加希望者は、学校、関係機関をとおしてお申込みください。各学校、機関は、申込票にとりま とめの上、各説明会の1週間前までにファクシミリでお申込みください。
◆アクセス:
・東急田園都市線 藤が丘駅又は青葉台駅下車、バス(青01) 「祥泉院」下車 徒歩5分
・東急田園都市線 市が尾駅下車、バス(柿 23、市 43、青 27)又は小田急線 柿生駅下車、バス(柿23)「中里学園入 口」下車 徒歩8分
◆ 問合せ先:
神奈川県教育委員会教育局支援部特別支援教育課 横浜北部方面特別支援学校開設準備グループ(県立市ケ尾高校内)
担当:大塚、山本、羽賀
電話:(045)978-1161・1162
FAX:(045)978-1160※10 月末から「あおば支援学校」に移転しますが、電話番号に変更はありません。

詳細は以下をご覧ください。
https://www.pen-kanagawa.ed.jp/aoba-sh/nyugaku/kengaku.html

その他の情報

◆校章デザインについて

特別支援学校の開校に向けて、令和元年11月1日~令和元年11月21日にかけて、校章デザインの元となる図案の募集 を行いました。
今後は校章検討委員会で応募作品の中から原案となるデザインを選定。選定したデザイン原案をもとに横浜美術大学の学生とともにデザイン化するとのことです。

◆HPについて

神奈川県立あおば支援学校のHPが開設されています。
https://www.pen-kanagawa.ed.jp/aoba-sh/index.html

【スタッフ募集】あおば支援学校 令和2年4月開校 通学バス介助員 スタッフ募集(※2002年3月20日追加)

あおば支援学校が令和2年4月開校に伴い、通学バス介助員スタッフを募集しています。

仕事内容

登校と下校の通学バスで児童・生徒の見守りや介助をするお仕事です。

時 間:7:30~17:00のうちの朝2時間程度・午後2~5時間程度
    ( 学校スケジュールによります )
出勤日:学校稼働日 ( 年間220日程度 )
休 日:土日祝 ( 学校行事等により数日出勤有 )
    夏休み・冬休み・春休み ( 数日出勤有 )
給 与:時給 1,100円〜1,200円
条 件:長期間働いていただける方
その他:登校時間と下校時間の間は休憩となります。
    ご自宅に戻ることも可能です。
(お問合せ)
送迎業務受託会社 株式会社高尾輸送サービス
TEL:0120-69-0995
(勤務地・面接地)
神奈川県立あおば支援学校 住所 : 神奈川県横浜市青葉区上谷本町109番地