9月3日、会津若松市の会津稽古堂で、一般企業の従業員を対象にした「精神・発達障害者しごとサポーター養成講座」が開かれました。
講座を開催したのは、会津若松市地域自立支援協議会 で、従業員が精神・発達障害者について正しく理解し、同僚の応援者になってもらうことが目的。
臨床心理士、精神保健福祉士の資格を持つハローワーク郡山発達障害者雇用トータルサポーターの福島伸泰さんが講師を務め、 精神・発達障害者についての基礎知識や、一緒に働く上での配慮などについて 約80人が学びました。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。