オーディションにより抜擢された脳性まひの当事者が主演

出生時に37秒間呼吸が止まっていたことにより、脳性まひとなった女性の成長を描くドラマ。
ロサンゼルスを拠点に活動するHIKARI監督の長編デビュー作です。
自身が脳性まひであり社会福祉士の佳山明が主演。母親役を神野三鈴、主人公の挑戦を支えるヘルパー・俊哉役を大東駿介、友人・舞役を渡辺真起子が演じるほか、板谷由夏、尾美としのりらも出演しています。

第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門では、最高賞となる観客賞、外部団体が選ぶ国際アートシアター連盟賞(CICAE)賞を獲得し、第44回トロント映画祭ワールドシネマ部門への出品も決まっている注目作です。

12月5日、NHKBSプレミアムにて 「37セカンズ」 を再編集したドラマを放送

【バリバラドラマ「37セカンズ」】
23:45~25:15
(NHKBSプレミアム)
内容:車椅子生活を送る主人公が、さまざまな出会いを通じて自立していく様子を描く。世界で認められたHIKARI監督の長編映画第一作を新たな視点でテレビドラマ用に再編集。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。