全教材がダウンロード可能

I’mPOSSIBLE日本版事務局(公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会/日本財団パ ラリンピックサポートセンター)は、国際パラリンピック委員会(IPC)公認学校教材『I’mPOSSIBLE』日本版の中学生・高校生版第三弾を発行しました。

『I’mPOSSIBLE』日本版は、パラリンピックを題材に共生社会への気づきを子どもたちに促す教材で、アギトス財団※1が開発した『I’mPOSSIBLE』国際版をもとに、日本国内の教育現場で使いやすいように再編集したもの。
指導案、映像資料DVDなど、授業の実施・計画に必要なものが全て入っており、パラリンピックについて知識が浅い教員でもすぐに授業を行うことができるのが特長です。
※1アギトス財団とは国際パラリンピック委員会(IPC)の開発を担う機関

同教材は、2017年より小学生版、2018年より中学生・高校生版を毎年無償で配布。今回も全国の中学校・高等学校・特別支援学校など約17,000校、各都道府県・市区町村の教育委員会約1,800か所へ無償配布されます。また、過去に配布した教材も含め、全教材がWEB上で無料公開されるとのことです。

【配布教材】 国際パラリンピック委員会公認教材『I’mPOSSIBLE』日本版 中学生・高校生版第三弾
【配布対象】 全国の中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校、専修学校高等課程(国公私立)、並びに各都道府県・市区町村教育委員会
【配布時期】2020年6月15日(月)より順次発送

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。