視力検査表をモチーフとした活動15周年記念Tシャツを、4,000円以上の寄付で1枚進呈

「見えない壁だって、越えられる。」をコンセプトに、障害者クライミングの普及活動を通じて、多様性を認めあえるより成熟したユニバーサルな社会の実現を目的に活動する特定非営利活動法人モンキーマジック(東京都武蔵野市、代表理事:小林幸一郎、以下「NPO法人モンキーマジック」)は、8月25日に迎える設立15周年を記念して、モンキーマジック15周年記念Tシャツの申込み受付を開始します。

【デザイン・生地】
視力検査表をモチーフとして、Cマーク(ランドルト環)とクライミングギアのカラビナが全面にあしらわれ、NPO法人モンキーマジックのスローガン「No Sight But On Sight!(見えなくても、一度で登りきれる!)」が掲げられたバックプリント。視覚障害者向けアウトドアクライミングスクール事業を、2005年設立当初より展開するNPO法人モンキーマジックの活動のルーツである当時のTシャツデザインが基となっています。

申し込み数のみ受注生産し、サイズはXS〜XLまで幅広く選択が可能です。4,000円以上の寄付で1枚進呈。

【関連リンク】
NPO法人モンキーマジック サポートグッズ https://www.monkeymagic.or.jp/order/support-goods/input

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。