障がい者によるアートでエコバッグもさらにエシカルに

株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ(代表取締役:入江英明 本社:東京都千代田区)が販売する「Handicap Art」が、一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会が主催する『ソーシャルプロダクツ・アワード2021』の「障がい者の生きがいや働きがいにつながる商品・サービス」のテーマで、ソーシャルプロダクツ賞を受賞しました。障がい者の雇用と発展途上国での雇用の両立、および社会性とアート性を兼ね備えた商品であるという点が評価されました。

Handicap Art

社会福祉法人東京コロニーの事業である「アートビリティ(C)」のアートライブラリーから作品をセレクトし、使用料としてアーティストに支払うことで障がい者の自立支援につながります。バッグには「国際フェアトレード認証を取得したオーガニックコットンのバックを使用することで、環境や人権問題の解決を目指しています。

ブランドサイト:https://handicapart.com/  
販売サイト:https://scoo.co.jp/shop/

ソーシャルプロダクツ・アワード

持続可能な社会を実現することを目的とした「ソーシャルプロダクツ」について、社会性と商品性の両面を評価する表彰制度で、今年で8回目を迎えます。優れたソーシャルプロダクツの情報を生活者に広く提供するとともに、それらを通して持続可能な社会づくりに取り組んでいる企業、団体を応援します。ソーシャルプロダクツとは「エコ(環境配慮) 」や「オーガニック」、「フェアトレード」、「寄付つき」、「地域や伝統に根差したもの」など、人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、購入者が持続可能な社会づくりに関する行動や団体とつながることができるものをいいます。
https://www.apsp.or.jp/socialproductsaward/

社会福祉法人東京コロニー・アートビリティ

社会福祉法人東京コロニーによって、障がい者アーティストの才能を活かすため1986年に設立されました。障がい者アーティストの持つ才能を活用することで、所得面を中心に社会参加を促そうとした事業です。設立当時から「才能に障がいはない」を合言葉に、作品そのものを評価することを心がけてきました。約200名の作家による約5,500点の作品がストックされています。
https://www.artbility.com/

株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ

代表者:入江 英明
URL:https://fairtradecottoninitiative.com/

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。