兵庫県三田市内20の小学校教員や周辺住民でつくる三田小学校区地域部会が主催する連続講座「誰もが幸せに生きるまちをめざして」が10月4、11日、兵庫県三田市三田町のさんだ市民センターで開かれます。

講座は2週に分けて開催されます。
4日は知的障害や自閉症の啓発活動に取り組む「はぁ~とポケット(さんだ知的障害啓発隊)」が障害を疑似体験できるワークショップを実施予定。
11日は子どもの学習支援に取り組むNPO法人「場とつながりの研究センター」の事務局長大島一晃さんが講師を務め、若者の居場所づくりのヒントについて講演します。

時間はいずれも19:00~21:00。入場無料。各日先着40人。
申し込みは人権推進課に電話などで。同課TEL:079-559-5148

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。