独自の世界観を持つクリエイターたちが制作する人形劇×プロジェクションマッピングのライブショー

一般社団法人自立支援推進センター(代表理事 林崎優美子、神奈川県横浜市)が運営開始した、日本で唯一の精神・発達障がい者が運営するプロジェクションマッピング制作スタジオ「ピュアルト エンターテイメント アカデミー」は、本年12月より、障がい児のための放課後等デイサービスのクリスマスイベントにおいて、ボランティアとして、人形劇×プロジェクションマッピングショーを放映する放映プロジェクトを開始します。

ピュアルト エンターテイメント アカデミー」とは?

http://jiritsu.life/

精神障がい者グループホーム「自立支援ホームピュアルト」は、主に30代~40代で、うつ病や発達障がいなどの精神疾患を持つ方を中心に、『暮らし』と『働く』の両面を支え、 皆さんの自立生活に向けたサポートを行っている個室型のグループホームです。「ピュアルト エンターテイメント アカデミー」は、「ピュアルト」のスタッフたちが主体となる、日本唯一のハンディキャップをもつクリエイター集団が運営するプロジェクションマッピング制作スタジオ/動画編集スタジオです。発達障がい、てんかんなど様々なハンディキャップを持つクリエイターが所属し、発想が豊かで、独自の世界観を持つクリエイターたちが制作するプロジェクションマッピングや法人紹介動画などを通して、企業や人が本来持つ魅力や美しさを世界に伝える映像を制作しています。

人形劇とプロジェクションマッピングのコラボレーション『ボーダレス・デジタル・アート』

神奈川県内の複数箇所(横浜市、川崎市、厚木市)の放課後等デイサービスのクリスマスイベントに訪問させていただき実施する、各自さまざまな障がいを持つクリエイターたちによる障がい児へのプレゼント企画です。
ただ人形劇をやるだけだと、単調になりがちで発達障がいなどを持つ子どもたちは、途中で飽きて騒いでしまったりすることがあります。そんな子どもたちにも、背景で流れるプロジェクションマッピングが演出する光と音のエンターテイメントショーにより、最後まで飽きずに見てもらえるのではないかと、施設の先生方も期待されています。

人形劇×プロジェクションマッピング上映会

日時:2020年12月27日 14:30~
会場:横浜クルーズ・クルーズ
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 27階
プログラム:人形劇×プロジェクションマッピング「桃太郎」
取材申込み:info@jiritsu.life

一般社団法人自立支援推進センター

代表者:林崎優美子
所在地:神奈川県横浜市西区東久保町5-16-103
URL:https://www.tanoshii.house/

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。