川崎市では、発達障害について正しく知り関わり方のヒントを見つける「発達障がい応援キャラバン2019」 がスタート。現在、参加者を募集しています。
10月4日には、同市高津区の高津市民館で「相談上手な保護者になろう」と題した講座が開催され、約120人が参加しました。

応援キャラバンは2020年2月まで市内各地で開催。参加できるのは川崎市在住か在勤者に限られます。
参加申し込みは区役所などにあるチラシか市のホームページからダウンロードする用紙で、同センターにFAX(044・200・0206)にて受け付けています。参加無料。
問い合わせは同センター(044・223・3304)。
http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000108802.html

■「発達障がいについて」
日時:10月18日(金)2時~4時
場所:エポックなかはら大会議室(定員160名)
講師:川崎西部地域療育センター所長 柴田光規(医師)

■「川崎市内公立学校の支援体制」
日時:11月20日(水)10時~12時
場所:中原区役所 第1・2会議室(定員70名)
講師:教育委員会小中高等学校支援教育担当 伊藤琢也

■「きょうだいから見た発達障がい」
日時:11月30日(土)2時~4時
場所:川崎市役所 第4庁舎(定員150名)
講師:川崎市発達相談支援センター 長谷山高史

■「感覚の特性(過敏・低反応)について」
日時:12月13日(金)10時~12時
場所:多摩区役所 601会議室(定員90名)
講師:障害者更生相談所 小松伸子(作業療法士)

■「学習障がいについて」~成人期の学習障がい~
日時:2020年1月24日(金)10時~12時
場所:高津市民館 大会議室(定員300名)
講師:帝京大学大学院教職研究科 非常勤講師 平松純子

■「社会に出るまでに身につけたいスキル」
日時:2020年2月21日(金)10時~12時
場所:(社福)やまびこの里 相談支援事業部部長 志賀利一
講師:川崎市役所 第4庁舎(定員150名)  

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。