当事者、療育サポーター、療育スペースの3者を繋げるマッチングシステム

訪問療育&Kids Art Net協会meete(設立:2020年2月20日 所在地:愛知県名古屋市 代表者:柳谷智子)が、2020年7月1日「訪問療育マッチングサイトmeete(みーて)」(http://meete.org)をプレリリースしました。
「meete」は今年2020年2月~3月にかけてクラウドファンディングにてサイト制作費の支援(総額支援額708,000円)を募り、自費出資と合わせてサイトを制作したものになります。

本サイトは、発達障害等により学習・社会性において困難を抱える子どもと、療育経験豊富なサポーター、身近な地域で療育スペースを提供する方の3者を繋げる全国対応のマッチングサービス。

8月までは療育サポーターを募集。リモートによるオンライン面談にて審査、訪問療育についてのガイダンスを受けた人は随時サポーター検索ができるようになっています。9月からは決済機能がリリースされ、本格的に会員同士でマッチングによる訪問療育サービスが実施されています。
http://meete.org

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。