重度知的障害者の人たちが、自立した生活に取り組む姿を追ったドキュメンタリー映画「道草」の上映が10月19日より、小倉北区の老舗映画館「小倉昭和館」でスタートします。
3名の障害者の日常や介護者らの抱える苦悩を赤裸々に伝えており、宍戸大裕監督が2年間追い続けて完成させた作品です。

全国各地で上映予定。詳しくはHPをご覧ください。
https://michikusa-movie.com/