非常勤職員として雇用し、本格的な就労をサポート

大阪府教育庁は、知的障害がある府立高や支援学校の卒業生を非常勤職員として約2年間雇用します。
卒業生は新設する部署「ハートフルオフィス」に所属、資料のコピーやファイリング、教材準備などの業務を担当す、本格的な就職に備えることになります。
支援事業の開始は2020年度から。初年度は5名の受け入れが予定されており、将来的には15人程度まで拡大するとのことです。

この取り組みの狙いは、府立高の卒業生の進路確保と、大阪府の障害者雇用率アップにあり、2020年度予算案には1756万円が計上される予定です。

2年間という期限のあるなかで一般企業に向けた就労の準備がどの程度整うのか、企業が希望するような人材の育成ができるのかなどが問われそうです。
また、非常勤職員として雇用されたのち、およそ1年後には新たな就職先を探すための活動を始める必要があり、その意識やサポート体制を醸成していくこと、就労先探しなどの支援体制、さらには就労後の定着にどの程度かかわるのか、など庁や「ハートフルオフィス」のサポート体制に注目が集まります。