同賞に加え「グッドデザイン賞」「東急グループ環境・社会貢献賞受賞」「桑沢学園賞」など累計6つのアワードを受賞

株式会社フクフクプラス(代表取締役:磯村歩)、渋谷区(区⻑:⻑谷部健)、専門学校桑沢デザイン研究所(所長:工藤強勝)、渋谷区内の障がい者支援事業所で取り組む「シブヤフォント」が「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」大賞と「IAUD国際デザイン賞2020」金賞を受賞しました。

「一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会」が開催する展示販売会にて、シブヤフォントの採用商品を出品します。

場所:大丸東京店 9階「イベントスペース」 東京都千代田区丸の内1-9-1
日時:2021年2月24日(水)~2021年3月2日(火) 10時~20時

場所:丸井錦糸町店 3階「イベントスペース」 東京都墨田区江東橋3丁目9-10
日時:2021年3月5日(金)~2021年3月14日(日) 10時30分~20時

「ソーシャルプロダクツ・アワード」の最高位 大賞受賞について

「ソーシャルプロダクツ・アワード」とはソーシャルプロダクツ(エコやオーガニック、フェアトレード、地域や伝統に根差したものなど、人や地球にやさしい商品・サービスの総称)の普及・推進を通して、持続可能な社会を実現することを目的にした日本で初めての、そして唯一の表彰制度です。「シブヤフォント」は同賞の最高位である大賞を受賞しました。

「ソーシャルプロダクツ・アワード」公式サイト:https://www.apsp.or.jp
 受賞ページ:https://www.apsp.or.jp/product/spa2021_y001/

「IAUD国際デザイン賞」金賞受賞について

「IAUD国際デザイン賞」とは、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)が民族、文化、慣習、国籍、性別、年齢、能力等の違いによって、生活に不便さを感じることなく、“一人でも多くの人が快適で暮らしやすい”ユニヴァーサルデザイン(UD)社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行なっている団体・個人を表彰する制度です。2020年は世界14か国からエントリーがあり、「シブヤフォント」は同賞の共創デザイン部門の最高位である金賞を受賞しました。

「IAUD国際デザイン賞」公式サイト:https://www.iaud.net/award/
受賞ページ:https://www.iaud.net/award/14839/#go-03

その他の受賞

2019年 グッドデザイン賞受賞(受賞対象:株式会社フクフクプラス、渋谷区、専門学校桑沢デザイン研究所)
受賞ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/49720
2019年 日本サインディスプレイ賞 銅賞(受賞対象:株式会社コトブキ)
受賞ページ:https://bit.ly/2NicSDO
2019年 桑沢学園賞(受賞対象:桑沢デザイン研究所 教員 磯村歩)
受賞ページ:https://www.kds.ac.jp/others/20190206news/
2020年 東急グループ環境・社会貢献賞受賞(受賞対象:株式会社東急レクリエーション)
受賞ページ:https://tokyu.disclosure.site/ja/themes/182?response_id=1098

シブヤフォント

渋谷区内の障がいのある人が描いた文字や絵を使って、専門学校桑沢デザイン研究所の学生がフォントやパターンデータを制作(2020年11月時点 200種以上)。それらを渋谷区公認のパブリックデータ「シブヤフォント」とし、誰でも利用できるよう公式サイトで公開しています。また、「シブヤフォント」を採用した商品も販売し、売上の一部を渋谷区内の障がい者支援事業所に還元しています。“共に制作する” ”気軽に使える” ”商品に採用する”という誰でも参加できるデータの特性を活かして、渋谷区のダイバーシティ&インクルージョンの理念を広げています。
https://www.shibuyafont.jp

株式会社フクフクプラス

代表者:磯村歩
所在地:東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズオフィス8F co-lab二子玉川URL:https://fukufukuplus.jp

Written by

今井 靖之

findgood編集者、ライター。

大手電機メーカーで半導体電子部品のフィールドアプリケーションエンジニア、インターネットサービスプロバイダのプロモーションやマーケティングに従事。以後フリー。

身内に極めて珍しい指定難病者を抱える。

神奈川県川崎市在住。サブカルヲタク。「犬派?猫派?」と聞かれたらネコ派、猫同居中。