長野県塩尻市内に学習支援センター「実帰舎(じっきしゃ)」を設立されました。
発達障害や不登校、引きこもりなどで通学が難しい子どもの学習支援を目的に、市民グループが設立したもので、私立高野山高校の広域通信制課程のサポート校の認定を受けたとのこと。

基本的には自宅学習となり、週2回、塩尻市の市民交流センター「えんぱーく」で個別指導を実施。
また、スクーリングやリポート提出などもあり、高野山高校の卒業資格が得ることができる。

将来的には、NPO法人化を目指しているとのことです。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。