天候の影響を受けにくい屋内型農園を活用したサービス

障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)が運営する「屋内農園型障がい者雇用支援サービス IBUKI」は、2020年5月1日(金)に11拠点目となる「IBUKI OSAKA YAO FARM」が大阪府八尾市がスタートしました。

IBUKI(イブキ)は、天候の影響を受けにくい屋内型農園を活用した、新しい障がい者雇用の仕組みをワンストップで提供するサービス。働く障がい者はハーブや葉物野菜等の栽培装置が設営されたブースで、栽培品種の選定や育成に従事します。栽培した作物は、企業ごとの用途に合わせて二次加工をおこない、ノベルティ等に活用。サテライトオフィスサービス同様、障がい者雇用支援のプロフェッショナルが常駐しており、安心して働ける環境が整っています。

IBUKI OSAKA YAO FARM 概要

稼働開始 :2020年5月1日(金)
所在地 :大阪府八尾市北亀井町3-2-8 (MAP)
最寄り :JR大和路線 久宝寺駅より徒歩8分
就業予定障がい者数: 45名程度
https://start-line.jp/business/ibuki