インターネット上で新作展示会をスタート

知的障害者のアート活動を支援する川崎市幸区のNPO法人「studio FLAT」が5月1日から「インターネットギャラリー」をスタートさせます。

「studio FLAT」は2020年1月、幸区北加瀬にオープン。出展するのは施設の利用者7名で、理事長、大平暁さんがアートディレクターとして監修した作品が展示される予定です。

もともとは東京・天王洲で開催予定だった展示会は新型コロナウイルスの感染拡大で中止となり、インターネット開催に変えたとのことです。ネットギャラリーには、制作者や魅力を紹介する動画も添える予定。
詳しくは「studio FLAT」公式サイト(https://studioflat2016.wixsite.com/studioflat)へ。

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。