シャツとパンツをリデザイン

株式会社ワールドは、任意団体コオフクと、障がいがある人が抱えるおしゃれの悩み・課題を理解し、リデザインし、成果発表までを行う「ワールド×コオフク プロジェクト」に取組み、2回目のワークショップを8月27日(木)、ワールド北青山ビルで開催します。

任意団体コオフクとの取組みは昨年に続く2回目。昨年はコートをテーマにリデザインし、成果発表を行いました。今回はファッションを楽しんで頂くことは社会参画につながるという思いから、仕事で着ることを想定したシャツとパンツのリデザインに取組むとのことです。

社会参画をテーマにシャツとパンツをリデザイン。製品化し、初の販売も。

8月27日(木)に開催する2回目のワークショップでは、困りごとをデザイン。具体的には、襟付のシャツやきちんと感のあるパンツは、オフィスで着用をしたいものの市販の形では着脱が難しい、運動量が足りないなどの課題を皆で解決していくとのくとです。
ワークショップには、ワールドでもの作りに携わるメンバーも入るほか、外部ディレクターにはこれまで様々なファッションブランドに携わってきた外山 聡氏も入り、着やすさとファッション性を両立させたデザインに仕上げていきます。また、障がいを限定せず、できるだけ多くの方の困りごとを解決するユニバーサルデザインであること、仕事着としてのマナーを保つことなど、複数の視点で議論を重ねます。
デザインが確定したシャツとパンツは、ワールドグループの生産系子会社、ワールドプロダクションパートナーズから工場にリメイクの発注をし、今秋、ワールド北青山ビルで開催するイベント「246st.MARKET」で販売される予定となっています。

任意団体コオフクについて

私らしく。あなたらしく。誰でもおしゃれを楽しめる社会を。
「CO-FUKU/コオフク」は「CO(共同、相互)服 」「考服」「幸福」の新しいこと ば。 「私らしく。あなたらしく。誰でもおしゃれを楽しめる社会を。」の実現を通し、みなのQOL向上を目指し、趣旨に賛同するアパレル出身者で結成した活動体。心にとっても、身体にとっても、着やすい衣服の提供や関連する啓発活動等を行っています。
https://co-fuku.com/

Written by

菅間 大樹

findgood編集長、株式会社Mind One代表取締役
雑誌制作会社、広告代理店、障害者専門人材サービス会社を経て独立。
ライター・編集者としての活動と並行し、就労移行支援事業所の立ち上げに関わり、管理者も務める。職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修修了。
著書に「経営者・人事担当者のための障害者雇用をはじめる前に読む本」(Amazon Kindle「人事・労務管理」「社会学」部門1位獲得)がある。